一般建設業許可専門のMetis Partners 坂本一紘行政書士事務所で申請代行

坂本一紘行政書士事務所

06-6809-1766
無料相談・お問い合わせ
平日:10:00~19:00 (土日祝休)

建設業許可取得に必要な5つの要件

建設業許可取得に必要な5つの要件とは?

一般建設業許可取得の要件は非常に複雑で、その上、ローカルルールもあるのでとても分かりにくくなっています。その中でも、押さえておかなければならないポイントがこの5つの要件です。中でも1と2については、特に注意を要するポイントです。まずは、5の欠格要件に該当していないことを確認してください。ここで該当した場合は、当然建設業許可申請は通りません。

1建設業許可取得には経営業務の管理責任者がいることが必要

法人の場合は、常勤の役員でなければならないので、監査役や非常勤の役員では要件を満たしません。また、ここでいう一定の経営経験とは、例えば、許可を受けようとしている建設業に関して、5年以上法人の役員をしていたか、あるいは、個人事業主であったことが証明できればよいとされています。

詳しくはお気軽にご相談ください

2専任技術者が営業所ごとにいること

常勤の職員ということは、個人事業を行っている人や他の法人の役員をしている人、あるいは、有期雇用契約を締結しているアルバイトやパートの場合、要件を満たしません。この他に、会社へ通うことが明らかに困難であると判断されるような人の場合も、常勤とはみなされないので専任技術者になることができません。

詳しくはお気軽にご相談ください

3請負契約に関して誠実性があること

不正な行為
不誠実な行為

上記のような行為をして何らかの処分を受けた場合、誠実性がないとされ、許可を取得するための資格がありません。ただし、処分から特に問題なく5年を経過した場合は、一般には、誠実性があるとみなされ、再び建設業許可を取得するための資格を得ることが出来ます。

詳しくはお気軽にご相談下さい

5建設業許可取得には欠格要件に該当しないことが必要

建設業許可取得には「許可を受けようとする者」が一定の欠格要件に該当しないことが必要

許可を受けようとする者とは、法人にあってはその役員全員が該当し、個人事業にあっては本人や支配人等をいいます。

詳しくはお気軽にご相談下さい

4建設業許可取得には財産的知識・金銭的信用を有していることが必要

一般建設業の許可を受ける場合
特定建設業の許可を受ける場合
要件を満たさない方もお気軽にご相談ください。 坂本一紘行政書士事務所の選べるプランで最後までサポートします!

このプランをご使用の方からよくある質問

1人で経営業務管理責任者と専任技術者を兼ねることはできますか?
要件を満たしていれば可能です。ただし、営業所が異なる場合は兼任できません。
1人で複数の業種の専任技術者を兼ねることは可能ですか?
はい、可能です。この場合、注意しなければならないことは、常勤という要件から、同一営業所内でなければできません。また、要件にある実務経験は、1業種ごとに計算されるので、1業種につき所定の年数以上の実務経験が必要です。
自分に経営管理責任者の資格がない場合でも、許可を取ることは可能でしょうか?
はい、可能です。一般的に個人事業主の場合、事業主が要件を揃えている事が多いのですが、そうでない場合でも、要件を揃えた人を支配人として雇い、登記をすることによって、自分に不足している要件を補うことが出来ます。これにより、個人、法人どちらでも許可を取得できます。

坂本一紘法務事務所の建設業許可5つの差別化

坂本一紘法務事務所の建設業許可5つの差別化

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。